ゲーム

2018年6月18日 (月)

♪第622回RBO結果報告会議~

「RBO」622年シーズンが終了しました。

622年デジタルウェーブリーグ
Team   試合  勝  負  分 ゲーム差 勝率 得点 失点  打率 防御率 本打 盗塁  DER
練馬    160  96  64   0    0.0 .600  606③470①.225② 2.73①176③197③.752③
神龍    160  87  73   0    9.0 .544  645①579  .223   3.48  230①289①.755
伊那    160  79  81   0   17.0 .494  567  553②.230① 3.35②126  232  .758①
東都    160  76  84   0   20.0 .475  626  658  .217   3.86  210  178  .722
海南    160  62  98   0   34.0 .388  480  617  .203   3.71  141  103  .731
熊本C   160  57 102   1   38.5 .358  456  621  .204   3.79  153  132  .738
 MVP    : 百刈 芽衣    (練馬  )投手
 最多勝利      : 越谷 夏海    (練馬  )   17
               : 岡本 美夕    (練馬  )   17
               : ロザリンデ ハタシュ  (伊那  )   17
               : 八頭司 遼    (東都  )   17
 最優秀救援投手: 百刈 芽衣    (練馬  )   49
  最高勝率      : 越谷 夏海    (練馬  ) .654
セミファイナルα
Team   試合  勝  負  分 ゲーム差  勝率 得点 失点  打率 防御率 本打 盗塁
桜宮     12   11   1   0    0.0  .917   47   27①.229   2.07① 16   22①
甲山     12    6   6   0    5.0  .500   48① 44  .235① 3.23   22① 19
犬道場   12    4   8   0    7.0  .333   30   40  .183   3.38    8   14
練馬     12    3   9   0    8.0  .250   23④ 37②.151④ 3.03②  9③ 13④
10年ぶり29回目のリーグ優勝です。パチパチ。
もう少し打てるかなと思ったけど、反面、投手陣が抑えたのでよしとしましょう。
セミファイナルは歯が立たず。
ウチはチームカラーないからね~。
来季は、完投Cに落ちたエース・夏海クンをどう配置しようか、思案中。
MVPの百刈と入れ換えるのが無難かな。、

2018年6月 4日 (月)

♪第621回RBO結果報告会議~

「RBO」621年シーズンが終了しました。

621年デジタルウェーブリーグ
Team   試合  勝  負  分 ゲーム差 勝率 得点 失点  打率 防御率 本打 盗塁  DER
神龍    160  99  61   0    0.0 .619  623①507①.232   2.99①195①273①.771①
練馬    160  91  69   0    8.0 .569  568⑤525③.221④ 3.10③168④196③.717⑥
熊本C   160  84  76   0   15.0 .525  572  515  .225   3.09  177  143  .759
伊那    160  77  83   0   22.0 .481  589  596  .243① 3.44  140  245  .755
東都    160  73  87   0   26.0 .456  582  625  .210   3.68  191  181  .724
海南    160  56 104   0   43.0 .350  418  584  .194   3.65  127   74  .737

 最優秀防御率  : 越谷 夏海    (練馬  ) 2.12
 最多勝利      : 松浦 聖史    (神龍  )   18
               : 岡本 美夕    (練馬  )   18
 最優秀救援投手: 百刈 芽衣    (練馬  )   44

打線を強化して臨んだ621年度、手応えはまずまずも優勝ならず。
まさか、チーム打率が下がるとは思わなかった…。
二遊がBBだったのも、DERを見る限り、響いたかな。
あと、今年はどの球団も故障が多かった気がする。気のせい?
先発陣がそろそろピークアウトしそうなので、
その前に1回は勝ちたいところ。

2018年5月22日 (火)

♪第620回RBO結果報告会議~

「RBO」、620年シーズンが終了しました。
620年デジタルウェーブリーグ
Team   試合  勝  負  分 ゲーム差 勝率 得点 失点  打率 防御率 本打 盗塁  DER
神龍    160 110  50   0    0.0 .688  782①526②.250   3.20②205①306①.766①
伊那    160  95  65   0   15.0 .594  705  595  .251① 3.44  168  239  .744
練馬    160  93  67   0   17.0 .581  600④442①.223③ 2.62①149⑤179③.762②
東都    160  71  89   0   39.0 .444  629  741  .220   4.40  186  172  .723
熊本C   160  68  91   1   41.5 .428  535  614  .216   3.66  156  161  .734
海南    160  62  98   0   48.0 .388  504  664  .216   3.81  123   72  .715
 最多勝利      : 岡本 美夕    (練馬  )   22
 最優秀救援投手: 百刈 芽衣    (練馬  )   44
 奪三振王      : 岡本 美夕    (練馬  )  304
神龍さんが三連覇。守備力も上回っていたのか。
盗塁数も圧倒的だな…。
打力はジワジワ上がっているとは思うけど、ウチはやはり投手力。
今回は全球団一のチーム防御率だったようだ。
また、美夕クン(←本当は未夕だった…)が竜堂賞にもノミネート。
さすがに一票を投じることはできなかったけど、
あのパラでよくがんばった。
さて、621年は帰国した外国籍選手に代わる新助っ人に期待。
そういえば、エージェントが最大5人まで契約できるなんて知らんかったよ…。

2018年5月 7日 (月)

♪第619回RBO結果報告会議~

「RBO」619年シーズンが終了しました。
619年デジタルウェーブリーグ
Team  試合  勝  負  分 ゲーム差 勝率 得点 失点  打率 防御率 本打 盗塁  DER
神龍    160  95  65   0    0.0 .594  643  528②.238① 3.20②206  245①.766①
練馬    160  87  73   0    8.0 .544  625③520①.233② 3.14①168③194②.753②
東都    160  82  78   0   13.0 .513  651①635  .224   3.77  215①137  .723
伊那    160  77  83   0   18.0 .481  584  593  .232   3.47  142  194②.734
熊本C   160  70  90   0   25.0 .438  565  637  .223   3.82  167  125  .725
海南    160  66  94   0   29.0 .413  436  606  .200   3.69  144   42  .723
 新人王    : 宮内れんげ    (練馬  )内野手
新編成2年目、今年も神龍が勝ちました。
交流戦で負け越したけど、後半持ち直したのか。
先発4までで貯金1はきびしい結果でした。
先発5が+10勝は驚きでした。
れんげの新人王はうれしいけど、
もともと日本人マイナー選手なので、手放しでは喜べないかな。
620年はなかなかの外国籍選手を引けた(と思う)ので、
結果に期待……!

2018年4月24日 (火)

♪第618回RBO結果報告会議~

「RBO」618年シーズンが終了しました。

618年デジタルウェーブリーグ
Team   試合  勝  負  分 ゲーム差 勝率 得点 失点  打率 防御率 本打 盗塁  DER
神龍    160 105  55   0    0.0 .656  712  549  .245① 3.30  211①245①.764②
伊那    160  98  62   0    7.0 .613  646  522②.245① 3.13②147  236  .756
東都    160  89  71   0   16.0 .556  723①618  .241   3.63  198  218  .747
練馬    160  88  72   0   17.0 .550  565④508①.216④ 3.05①167④172④.765①
熊本C   160  68  92   0   37.0 .425  531  629  .214   3.84  139  132  .725
海南    160  62  98   0   43.0 .388  470  618  .202   3.69  173   41  .723
 最優秀防御率  : 越谷 夏海    (練馬  ) 2.40
 最多勝利      : 岡本 美夕    (練馬  )   18
 奪三振王      : 岡本 美夕    (練馬  )  290
今シーズンから、「デジタルウェーブリーグ」所属となりました。
総当りは33勝スタートとまずまずながら、
神龍が42勝で2位、伊那が41勝で3位タイのロケットスタート。
防御率全チーム3点台と、投高打低リーグらしいチーム成績になった感じ。
チームカラーを駆使する球団がないので、とてもうれしい。
先発1の抜擢の美夕がまさかの最多勝。
と思いきや、18勝21敗であわや最多敗戦だったかもw
回復40だとこんなに登板するのか。ふむふむ。
次年度は、そこそこの外国人を引けたかな。
衰え知らずの投手陣に期待。

2018年4月 9日 (月)

♪第617回RBO結果報告会議~

「RBO」617年シーズンが終了しました。

617年シルバークラウンリーグ
Team     試合  勝  負  分 ゲーム差 勝率 得点 失点  打率 防御率 本打 盗塁  DER
西枇杷島  154 110  44   0    0.0 .714  877①579  .267① 3.59  298①116  .757②
浜芦屋    154  96  57   1   13.5 .627  676  488②.246   2.95②164  294①.744
島根      154  91  63   0   19.0 .591  611  514  .228   3.05  203  179  .753
奥多摩    154  86  68   0   24.0 .558  630  567  .233   3.57  173  267  .738
練馬      154  77  77   0   33.0 .500  466⑥461①.213⑥ 2.90①135⑤123⑤.764①
犬道場    154  60  94   0   50.0 .390  510  606  .221   3.69  124  200  .717
 最優秀防御率  : 越谷 夏海    (練馬  ) 1.93
 最優秀被打率  : 越谷 夏海    (練馬  ) .153
特殊編成年の617年が終了。
完投Bながらイレギュラーで先発1に戻した夏海が、タイトルをふたつ獲得。
618年からの「デジタルウェーブリーグ」では、どっちに起用しようかな。
チームカラーを使うチームがいないので、できれば何回か優勝したい…。

2018年3月23日 (金)

♪第616回RBO結果報告会議~

「RBO」616年シーズンが終了しました。

616年アドミラルリーグ
Team   試合  勝  負  分 ゲーム差 勝率 得点 失点  打率 防御率 本打 盗塁  DER
東都    160 108  52   0    0.0 .675  785①533②.249① 3.17②205  243①.751②
舞鶴    160  94  66   0   14.0 .588  732  565  .249① 3.37  233①194  .746
練馬    160  88  72   0   20.0 .550  501⑤497①.218④ 3.01①136⑤ 99④.774①
津      160  76  84   0   32.0 .475  539  581  .205   3.53  174   61  .725
西神戸  160  73  87   0   35.0 .456  586  678  .228   4.04  167  136  .736
熊本C   160  59 101   0   49.0 .369  427  641  .194   3.92  109   93  .738
 新人王    : 橘 万里花    (練馬  )内野手
 最優秀救援投手: 越谷 夏海    (練馬  )   49
 最優秀被打率  : 南 ことり    (練馬  ) .164
「アドミラルリーグ」最終年は、3位でした。
リーグ優勝も予期せず1回できたし、6順目にしては健闘したかな。
総当りも12位と少し上がって、「デジタルウェーブリーグ」!?
熊本Cも加え、3球団が変わらずなので、不思議な感じです。
東都(5)、練馬(12)、伊那(21)、岐阜(28)、熊本C(37)、海南(44)
どこにもチャンスがありそうな、やる気が出るリーグかと。
その前に特殊編成の617年ですが、こっちはB1の6番目。ダメだな。
改変でドラフトの野手が粒ぞろいになってきた気がします。
616年は5人も指名。こんなこと、いままでなかったなぁ。
まぁ、それでも打てるようになるかはわからないのだけれど…。

2018年3月12日 (月)

♪第615回RBO結果報告会議~

「RBO」615年シーズンが終了しました。

615年アドミラルリーグ
Team  試合  勝  負  分 ゲーム差 勝率 得点 失点  打率 防御率 本打 盗塁  DER
東都    160 111  49   0    0.0 .694  841①577②.266① 3.41②205①265①.724
練馬    160  93  67   0   18.0 .581  525④488①.216⑥ 2.92①149④168③.760①
舞鶴    160  89  71   0   22.0 .556  688  631  .237   3.79  200  224  .728
津      160  71  89   0   40.0 .444  566  683  .222   4.01  180   86  .710
熊本C   160  71  89   0   40.0 .444  515  590  .221   3.58  107  142  .732②
西神戸  160  62  98   0   49.0 .388  507  649  .222   3.88  124  160  .741
 最優秀防御率  : 南 ことり    (練馬  ) 2.12
 最優秀救援投手: 越谷 夏海    (練馬  )   49
 最優秀被打率  : 南 ことり    (練馬  ) .170
まずまず勝負になるかなと思い、
野手指揮をSにして臨んだものの、イマイチ効果的な指揮アップは見られず。
でも、指揮Sにしなかったら、もっと悲惨なチーム打率だったかと思うと……。
東都は、残念ながら初ファイナル制覇ならず。
秋落ちでことりの完投がBになり、有力外国人選手も引けず。
現在総当り14位だけど、16位まで落ちての「おひるね」だけは避けねば…。

2018年2月26日 (月)

♪第614回RBO結果報告会議~

「RBO」614年シーズンが終了しました。

614年アドミラルリーグ
Team   試合  勝  負  分 ゲーム差 勝率 得点 失点  打率 防御率 本打 盗塁  DER
東都    160 102  58   0    0.0 .638  778①555②.260① 3.25②182①232①.753②
練馬    160  91  69   0   11.0 .569  528⑤506①.222③ 2.99①151⑤123④.763①
舞鶴    160  74  86   0   28.0 .463  608  655  .228   3.83  163  157  .721
津      160  65  95   0   37.0 .406  544  702  .210   4.15  156   78  .694
西神戸  160  63  97   0   39.0 .394  574  781  .222   4.63  145  160  .720
熊本C   160  54 106   0   48.0 .338  509  717  .202   4.35  160   94  .722
 最優秀防御率  : 南 ことり    (練馬  ) 2.45
 最優秀被打率  : 南 ことり    (練馬  ) .160
前年の40ゲーム差からは縮めたものの、さすがに逆転はならず。
得失点差+22で貯金22という、なんとも小ぢんまりとした成績。
総当りは13位に後退し、旧フレアーラインが近づいてきた!
補強は、元来助っ人頼みの球団なので、
当たりが来れば期待できるし、そうじゃないと……。
615年はイマイチかなぁ。
チームカラーは好きじゃないので無視。

2018年2月13日 (火)

♪第613回RBO結果報告会議~

「RBO」613年シーズンが終了しました。
613年アドミラルリーグ
Team   試合  勝  負  分 ゲーム差 勝率 得点 失点  打率 防御率 本打 盗塁  DER
東都    160 119  41   0    0.0 .744  924①560②.278① 3.23①228①271①.755①
練馬    160  78  82   0   41.0 .488  554⑥545①.230⑤ 3.28②135⑥119④.743②
舞鶴    160  78  82   0   41.0 .488  749  726  .248   4.37  224  239  .701
熊本C   160  74  86   0   45.0 .463  568  661  .229   3.96  168   87  .722
西神戸  160  72  88   0   47.0 .450  633  738  .245   4.47  144  179  .738
津      160  71  89   0   48.0 .444  631  714  .235   4.29  183  114  .688
新外国人の故障などもあり、連覇はならず。
しかし、東都は登録未提出ではなかったか?w
ここまで打力に差が出るとは思わなかったなぁ。完敗。
今シーズンに限っては、1強5弱でした。
吉羅監督も、健康がDEになってしまったので交代もやむなし。
しかし、一部のチームカラーのおかげで、
強いチームが健康増強して、実力通りの成績を発揮……なゲームに。
強い選手のケガ=不調という、紛れの要素だと脳内変換していたので、
個人的には、なかなか難しいバランスのゲームになってしまいました。
チームカラーを意識すればいいのだろうけど、あんまり好きじゃないし。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー